柴犬の飼い方:しつけなど【相楽大仲荘の子犬販売】

柴犬友会logo柴犬友会

柴犬の飼い方

柴犬の性質や魅力、選び方から飼い方まで、
柴犬との暮らしを楽しむための情報をご案内します!

柴犬の特徴

柴犬のルーツは?

柴犬は縄文時代から人間と狩猟をしたりして生活を共にしてきたといわれています。いろいろな説がありますが、有力なルーツ説として、古代の遺跡から骨や埴輪などが発掘されていることから、それが柴犬の祖先だと考えられています。南方から渡来した民族が連れてきた犬の血が混じって、現在の柴犬が誕生したという説です。1936年に他の日本犬同様、天然記念物に指定されています。以前は狩猟犬として活躍していましたが、今日では日本の風土にあった体形、体力、性質をもつ家庭犬として飼育されています。またアメリカをはじめ、海外でも人気が高まっている犬種です。

柴犬の外見的特徴

柴犬は均整のとれた頑丈な体をもち、動作は敏捷です。骨格がしっかりしており、それに付属する筋肉はよく発達しています。自然体の素朴な姿には精悍さがあります。被毛はかたい上毛とやわらかい下毛のダブルコートで、尾の毛は体毛よりやや長くなっています。主な毛色は赤毛(茶色)、黒毛、胡麻毛、白毛の4種類があります。やや前傾してしっかりと立った小さな耳と、多少目じりが上がった三角形の目が特徴です。太くて力強い尾は、背中の上に巻く巻き尾と、鎌の刃のような半円を描く差し尾と呼ばれるものの2種類がみられます。

柴犬の体高・体重

柴犬(雄)・標準 体高<足元から肩までの高さ> 標準サイズ(許容範囲) 39.5cm(38cm~41cm)、体重 9㎏~11㎏位
柴犬(雌)・標準 体高<足元から肩までの高さ> 標準サイズ(許容範囲) 36.5cm(35cm~38cm)、体重 7㎏~9㎏位

柴犬の五感

犬の嗅覚能力は人間の100万倍以上といわれています。犬は鼻から色々な情報を察知し、中でも動物性の臭いと危険を感じる臭いには敏感に反応します。犬の聴覚能力は人間の6倍で外的から身を守るため、犬の聴力は睡眠中にも働いているので小さな物音ひとつで目が覚めます。犬は味覚があまりないので味覚より臭いでおいしさを感じていると言わています。犬の視力は形の判断能力は低いが、動くものを捉える能力は抜群で、視野も人間より70度以上の広い範囲が見えます。色を識別する能力は人間より低く、見分けられる色は限られているような実験結果が出ています。

柴犬の野生的性質

原野などで生活し、長距離を走りつづける事が出来る野生動物の場合、体躯構成など全体的にバランスが取れています。犬科動物・犬群 (オオカミ・コヨテ・ジャッカルなど) は、共通して軽快で俊敏な特徴があります。顔貌や四肢、毛質なども見事にバランスが取れています。全体のバランスの中で特に、体型は、胸やその幅と前肢、腰や後肢の関係などに共通した素晴らしさが観られます。全体から出てくる「野性的な風貌」は、柴犬も兼ね備えている特徴です。今後、この様な雰囲気などを残していくのも大切な事だと思います。

柴犬の魅力

柴犬の人気があるところは小型で飼いやすい所です。雄の体高は(足元から肩までの高さ)標準サイズ39.5cm、体重9kg~11㎏位で、雌の体高は標準サイズ36.5cm、体重7~9㎏位です。
柴犬は頭が良く飼い主の気持ちをよく理解します。あまり他人には媚びを振りまかず、飼い主には従順である所が魅力的です。
柴犬の特徴は、三角でピンと立った耳と、巻き尾、差し尾などがあり、日本の気候風土に適応していて体が丈夫です。主な毛色は赤毛、黒毛、胡麻毛、白毛の4種類があります。日本犬保存会の会員の人達は茶色の毛を赤毛と呼んでいます。柴犬はこの赤毛が多く80%位を占めています。黒毛は、目の上部に白っぽい四つ目という斑点があり、胸もとや腹、足の裏側部分と足先、尾の裏側などは、裏白という白色に近い毛で、毛色に深味があります。胡麻毛は、赤毛に黒毛が混ざったもので、渋みのある毛色です。この他、白毛の柴犬も少数ですが存在しています。

柴犬の本質

柴犬を飼育管理するために、まず本質と表現を理解することです。
柴犬(日本犬)は悍威、良性、素朴の本質がとても重要になります。悍威とは、気迫であり注意力、反応、目の動き、耳の動かし方、尾の保持などで判定でき、柴犬の精神美のことを言います。良性とは、性質が素直で服従心が強いことで、粗暴、シャイ、無気力であってはいけません。素朴とは、飾り気のない地味な気品と風格をいい柴犬が生まれながらにして持つ根本的な性質を言い表しています。加えてその表現は、感覚の鋭敏さ、動作の敏捷性、歩様軽快弾力があることが柴犬の表現となっています。これらの本質は日本犬の根本的なものであり、これによって純血度の高さ、その犬の価値が決定されるほど大切な要素です。
遺伝的要素がかなりのウエイトを占めますが飼育管理により養われる部分も多くあります。

柴犬の歴史

柴犬という名前の由来は「柴」は「柴刈り」というときの「柴」であり、小ぶりな雑木を指します。由来には諸説があり、柴藪を巧みに潜り抜けて猟を助けることから、赤褐色の毛色が枯れ柴に似ている(柴赤)ことから、小さなものを表す古語の「柴」から、の3説が代表的で、ほかに、信州の柴村を起源とする説もあります。柴犬の本来の作出目的はキジ、山鳥、ウサギのような小動物の狩猟をおこなうためです。
昔から本州各地で飼われ、信州の川上犬、保科犬、戸隠犬、美濃の美濃柴、山陰の石州犬や因幡犬など、分布地域によっていくつかのグループに細分されていました。現在の柴犬は、昭和初期の保存運動の中で、信州と山陰の柴犬を交配して作られたものです。
柴犬は縄文時代から人間と生活をともにしてきたといわれ、縄文時代の貝塚等の遺跡からは、これまでに犬の骨が数点出土しています。狩猟のために犬を日本に移入した縄文人には、食犬の習慣がなかったらしく、縄文犬と呼ばれるこれらの犬たちには、埋葬されたと思われるものが多くあります。その中には、人と共に埋められたものがあります。縄文犬の多くは柴系であり、額段がごく浅く、大きな歯牙をもち、特に早期のものはほとんど小型です。柴犬の愛好家には、筋肉質の体格や軽快で俊敏な動き、野性的な鋭い警戒性、人間との強い信頼関係とともに、このような縄文犬の特質を柴犬に求める人が多くおられます。

柴犬の運動

運動はその柴犬の完成に大きな役割を持っています。適切な方法と適量な運動によって健康を保持し、体型を整え強い精神力と豊富なスタミナを蓄えることを目的としておこなわれます。ただ運動といっても飼育上の環境とその犬の性格、体力、体質なども考えて成長時代にあった運動が必要です。柴犬の運動も食事と同じく適量と規則正しい時間と方法が大事になります。
幼犬時代の運動は強力な運動は必要なく、引き運動で外の環境に慣らす程度と、排便などの癖を付ける目的でおこなう程度で良いと思います。出来れば広場などでボールなどを投げて遊ばせてやるのも良い運動になります。
若犬時代(7ヶ月位)から基礎的な体力づくり、精神面の強化を図るため自転車運動なども取り入れていきます。この時期は筋腱の発達を旺盛にし、骨組み、強い足腰、バランスのよい体形美を作る時期でもあり、健全な精神的鍛錬も併せて運動に取り組んでください。
運動で一番大事な事は犬の性格、体質、環境、飼育者の家庭事情に合った良い方法で愛情を持って規則正しく根気よく継続することです。

柴犬の年齢

柴犬の寿命は、現在は15歳ぐらいです。下記の表は柴犬の年齢と人間の年齢の比較ですが、あくまで、目安ですので多少の前後はあります。

柴犬の年齢

人間の年齢

生後1ヶ月 1歳
生後2ヶ月 3歳
生後3ヶ月 5歳
生後6ヶ月 10歳
生後9ヶ月 14歳
1歳 18歳
2歳 24歳
3歳 28歳
4歳 32歳
5歳 36歳
6歳 40歳
7歳 44歳
8歳 48歳
9歳 52歳
10歳 56歳
11歳 60歳
12歳 64歳
13歳 68歳
14歳 72歳
15歳 76歳
16歳 80歳

子犬の見分け方

子犬は両親から半分づつ遺伝子を受け継ぎますので両親犬、祖父母犬などの血統の良い血筋を選ぶ事です。
特に柴犬の場合は気性が重要視されますので、呼んだ時喜んで近づいてくる犬は性格が明るく素直だと思って良いと思います。 体質は堅く抱いたときに骨格がしっかりとした筋肉質で堅い感じの子犬がよく、ぶよぶよしたゆるい感じのものは避けるべきです。成長して体の構成に難点が現れたり、肥満体質になりやすい様です。
雄は雄らしく、雌は雌らしい性微感のあるものが良く中性的な雄か雌か分からない犬は好ましくありません。
健康な子犬の見分け方は、食事時など他を押しのけてでもよく食べる食欲旺盛な子犬、目が澄んでいて、毛艶もよく、庭を飛び回っている子犬は健康です。逆に目やにが出ていたり、鼻鏡に光沢がなく常に乾いている、腹部が異常にふくれている、下痢ぎみ、常にじっとうずくまっている様な子犬は健康面で問題があります。
子犬を選ぶ時は良心的なブリーダーや経験豊かな人の意見を聞き、参考にするのが良いと思います。

子犬のしつけ

柴犬の子犬を飼育する目的によってしつけ方も違いますが、ペットとして飼育する場合は6ヶ月ぐらいまでにおこなうと後々飼い主と柴犬のコミニケーションに役立ちます。
しつけを上手くおこなうためには犬へ愛情を注ぎながらおこなうことが大切です。いたずら盛りの子犬はは何でも噛みたがります。あなたの大切なものも区別がつきません。つい置きっぱなしにしておいた大切なものをかじられた時、子犬に腹を立てて叱ると思いますが、子犬は何で怒られているのか分からないのが現状で、何回も繰り返して言い聞かせ徐々にしつけていきましょう。
それと飼い主との上下関係ですが、要求すればいつでも応えてくれる飼い主には、柴犬は自分が上位だと思ってしまいます。要求に応える前に必ず、「スワレ」や「マテ」など先に飼い主の命令に応えさせるルールを作ることが大切です。そうすると、飼い主は従う相手だと分かってきます。飼い主との上位関係は柴犬は本能的に感じます。愛犬に遠慮したり優先させない様にして、しつけを根気よくおこなってください。

子犬の食事

母親や子犬の兄弟達から別れブリーダーから旅立つ時期の生後50日ぐらいの子犬の食事について特に気をつける事は、食事の内容の違いにより下痢をさせないことが大切です。旅立つ前の子犬のブリーダーと同じ様な内容でおこない、自分流の食事管理に変えるのは慣れるにしたがって徐々に行うのが良策です。
それと子犬の発育にはあらゆる栄養素が必要になりますが、 現在はほとんどの栄養素が含まれている子犬用のドックフードが販売されているで手軽に利用出来ます。食事の回数は、4ヶ月ぐらいまでは1日に3~4回程度をお湯でふやかし少量づつ与え、以後は徐々に回数を減らし量を多くしていきます。6ヶ月ぐらいになれば朝夕の2回でよいと思います。 水は自由に飲める様にして1日に1回は新鮮な水に替えましょう。
犬には下記の人間の食べ物を与えると中毒症状や消化器官に悪影響を与える可能性がありますので食べさせない様にして下さい。
☆(たまねぎ) ヘモグロビンを変化させる作用があり、血尿、黄疸などの症状が出たりします。
☆(えび、いか、かに、たこ、貝類) 繊維質の多いもの、消化が悪く下痢の原因になります。
☆(鶏、魚の骨など) 鶏や、魚の骨は消化器官に刺さったりする可能性があるので危険です。
☆(チョコレート) テオブロミンという物質で中毒になる危険があり、嘔吐、下痢などになる可能性があります。

子犬の手入れ

柴犬は短毛種で二段毛のため、頻繁にシャンプーをする必要はありません。雨にぬれた時や、元気な子犬は土などを掘って遊び、汚れることが度々あります。そんな時は、ぬるま湯で搾ったタオルでふいてブラッシングをしてあげてください。シャンプーは月に一度ぐらいでよいと思います。柴犬の手入れはそんなに手間がかかりませんが、生後3ヶ月過ぎぐらいから換毛期に入りますので、よくブラッシングをする事で皮膚を鍛えるのに役立ち毛の状態もよくなります。
子犬時代は太陽光線が体の成長、健康保持、衛生上不可欠ですので、1日に4~5時間は日があたる場所をさがし日光浴をさせましょう。
子犬は少しのスペースでも飼育出来ますが、発育成長過程で安心して寝起きができ健康保持に最適な場所をさがし夏は涼しく、冬は暖かい場所を選び子犬が快適に生活できる工夫をしてあげて下さい。

子犬の飼育準備

柴犬の子犬を迎えるのに事前に用意するものは、サークル・ドッグフード・食器・水入れまたは自動給水器・寝床用タオルまたは毛布・首輪・引き綱・ブラシ・などを用意してください。サークルの大きさは60~90cm角ぐらいのものが一般的です。食器は陶器かステンレスのものが良く、寒い時期は、ペットヒーターなども用意してあげるとよいでしょう。子犬を飼育するのに最初は飼い主に慣れさすため、家の中での飼育をお勧めします。
しつけ等の面からサークルなどで囲った所で飼う方がよいでしょう。サークル等の半分にトイレシーツを敷き(新聞紙でも結構です)、残り半分を寝床と遊び場にして、バスタオルや毛布を敷いて、スペースを用意しておきます。場所は、家族の目の届く範囲で 静かな所が良いでしょう。かまいすぎは良くありませんが、ひとりぼっちにするのも考えもので目の届くリビング、居間の隅などが適当です。
子犬のストレス解消と家族に慣れさせるためサークル等から出して遊ばせてあげる事は必要ですが、飼主がタイミングと時間を決めて遊ばせるようにして下さい。初めて柴犬を飼われる方は、犬の飼い方などの本を読んでおくと後々に役立ちます。
家に着いてしばらくは、環境の変化等でさみしがって鳴いたり、食欲の無い事もありますが、すぐに慣れて家族の一員になります。新鮮な水はいつでも飲める様にしておいてください。

柴犬の飼い方

BLOG

最新記事

Page Top